2007/11/23〜25 立山
シーズン初滑り

11月23日新雪の室堂発。前日まで降雪が多すぎアルペンルート立山側は運休のため大町から入山をはたす。午後から一気に晴れ間が広がる。

雄山

今日の目標、浄土平へ向け13:13出発

相変わらず観光客も多い

トレースをたどり登る。先行者はかなりのラッセル。

浄土山

室堂へどんどんとシュプールが描かれていく。まるでキャンパス。

13:45ひとつ急登をおえた。あとはだらだら登り。

雷鳥沢と剱岳

14:00浄土平ゴール。槍ヶ岳まで大展望

日本海〜立山カルデラ方面

五色ヶ原〜槍ヶ岳

シュカブラが美しい。強風の通り道。

続々登頂

滑降開始も雪はモナカっぽく斜度も距離もいまいち。しかし今シーズン初物だ。15:33

ちょっと出遅れたためズタズタ斜面

一日の行動を終え、みくりが池へ16:17

幻想的なサンセットシーンのはじまり

16:30夕焼けに映える立山。

登山者が続々帰路へと

別山と月
第二日目

11月24日おおむね晴れそうだ。

しかし稜線の風は強そう。午後からの天気の崩れもやや不安。いつでもすぐに戻ってこられる一ノ越までとする

7:25出発

大日岳は遠くにみえる

やはりラッセル

スノーシューが快適だ。宿にてレンタル

8:00 急な登りになっていく

最後はジグザグ登り

アイスバーンもある

9:00一ノ越着。今日も槍が拝めた。

御山谷方面(ダム側)。気持ちよさそうなゲレンデ。

9:40一ノ越から室堂へ山崎カールを大滑降

最上のパウダー滑降。

これ以上楽しいことなどあろうか、いやあるまい(反語)

2人下山後に怒濤の酒盛り。さらにこれから小屋じまいの振る舞い酒とにしきのあきらショーに思わず・・
下山日

7:05出発。11時に完全小屋じまいしてしまう。レンタルスノーシューを返すためには登りの行動リミットは9時まで。

7:30雷鳥沢、剱御前小屋への登り

大日岳の高さをこえる

後続はまだまだ下だが

日本海がひろがる

新雪でシールもいまいちの斜面

稜線直下はさすがに急。スキーを担ぐ。アイゼンも必要だが持ってきてない。


8:15大日もだいぶ下に。

9:00別山乗越到着。待望の剱岳が顔を見せる。

剱沢。シュプールが少ない。

感無量






剱御前小屋

登ってきた斜面

ここを滑り降りる

雪質悪い。上部は重い新雪。

下部はモナカ。

天気だけは最高

さらに下部だとゲレンデ状態でようやくスキーが楽しめる


9:40シールをまた貼ってみくりが池へ登り返し

小屋じまいにちょうど間に合う

さらばみくりが池

室堂ターミナルから最後の一滑りに国見岳へでかける。もう滑るとこないぞ

なので左手の斜面(浄土山の手前)を登りシュプールを描くことにする

滑ってきた。あっという間

帰路アルペンルートからの絶景

鹿島槍がみごと
奇跡のように3日間晴れまくった新雪立山。2日目夕方までには全山にシュプールが描かれてしまっていた。雷鳥沢は雪質が悪くとても滑りづらかった。