鳥海山 滝ノ小屋定着
2008/5/4〜6
恒例となっている鳥海山春スキーはいつも天候に恵まれない。今回は3日間ゆっくりと定着し好天をねらって是非とも山頂を踏みたいと願う。予報では4日までは晴れるが5日か6日のいずれかに前線が通過するらしい。となると、時間は限られてくる。そしてまたあの小屋の住人の二人はどうしているのか。はたして・・

車道は標高800mちょっとで積雪のため通行不能。9:30宮様コースをめざし道路わきから樹林帯に入る。

しかしこの密生した樹林の急坂、かなり手ごわい。

50分もかかって稜線に到達。宮様コースと言われる疎林帯を楽々とすすむ。

そして鳥海山の全容が広がる。

滝ノ小屋着12:20 やはり三時間ほどかかる。小屋前で皆の来るのを待ってるとほどなく、管理人す〜さんと炎の調理人ゴトさんがスキーで降りてくる。再開を喜ぶ。

せっかくの天気、一滑り楽しむため13時に出発。15時までいけるところまでとする。

稜線までもっとも無理なく登れるルートどり。他の雪渓は断続しており、また上部はかなり急斜面。

雪渓の細まったところをこえてソロバン尾根をめざす。行者岳の稜線まで雪が連続している。

快適なシール登高。

この雪渓上部でとなりの雪渓に藪をこぐ。はじめは難儀だったが何度か往復し慣れてくるとなんてことない。

ソロバン尾根は快適な斜度と広さで気持ちよい。

朝からの荷揚げの疲れが出てくる。腹も減る。

標高1800m弱で時間切れ。今日はこの辺で勘弁したる。

大斜面の快適滑降。雪質も最高のザラメ。テレマークも楽しい。

月山を望む。

藪をまた漕いで出てきたところ。

ふたたび大斜面。

登ってきたところでなく隣斜面にトラバース中も誰も滑っていない巨大スロープに感激。

明日の偵察もかね左側、夏道の雪渓をながめる。

滝ノ小屋へ。

小屋までの最後の斜面。白糸の滝付近をかっとばす。

宴会第一夜
す〜さん、ゴトさんの他に小屋の宿泊は我々のみ。
テント泊の鶴岡高専山岳部の顧問先生とも飲み交わす。
学校教育だからと毎年特別にテント泊を許されている唯一のグループ。

5日は曇り空。下り坂だ。午後まではもつらしい。6時出発。

やがて稜線はガスに隠れてしまう。登頂を半ば諦める。だが昨日通ってきたコースなので快適に高度をかせぐ。

行者岳直下最後の急登。全行程シール登高可能。

8時、稜線の外輪山に到着。行者岳と伏拝岳の中間。朝の稜線ですらアイゼン不要の腐れ雪。ガスだが風なく異常暖気のためTシャツ一枚でもOK。

皆の到着をおとなしく待っているとみるみると頂上のガスがはれてきた。

まだまだ来そうにないので、それならばと一人で新山登頂をめざし8時15分出発。

行者岳からのぞむ新山頂上および鳥海神社。

行者岳を越えてひろがる南東方面の大斜面。

ここから左手の岩の急坂をくだり山頂へ向かう。

同部位

そこから行者岳方面を見る

神社をのぞむ

外輪山からの下り(岩の右下足跡)

新山山頂直下の雪渓。

七高山

頂上はいくつも岩稜がありどれが本当の山頂かわからない。

とりあえず一番高い岩で。8時45分。本日一番乗り(あとでカシミールで確認したらもっと手前が2236m地点)

新山をあとにして七高山へ登り返す。祓川からどんどん登ってくる。一気に下まで連続のすごい斜面。

新山への降り口から日本海方面。

さらにまた晴れてきた。新山方面。

皆の声も聞こえる行者岳へ走るように戻る。途中ハシゴあり。

千蛇谷から御浜神社、さらに日本海

伏拝岳

すこし歩いてくだり、湯ノ台道方面から夏にも残る大雪渓を滑ることに。

下りすぎて滑り出しを間違えたため、1カ所藪をトラバースし大雪渓に出る。安堵の表情。

出てみれば藪漕ぎの苦労も一瞬でふきとぶ最高のゲレンデ。

しかしこんな広大なゲレンデは日本のどこにもない。

河原宿をめざし一気に滑り降りる。小屋は屋根だけでている。

左写真上半分のzoom。藪をでてからこう滑ってきた。登っていく人の小ささに注目。


河原宿から湯の台道

そこでなんと遊びに登ってきてたゴトさん、す〜さんにバッタリ。

最後はまた鳥海的、いや超快適白糸の滝斜面。今乗り越えたジャンプ台が最高なのだ。

今日は12:30から宴会突入。この二人が外で飲み出すのは珍しい。午後2:30すぎから風が強くなり雨になるまで外でビールに熱燗。

第二夜も泊まりは我らの他に中高年の1パーティ5人。夜中まで飲みまくりストーブわきで薪を枕に寝る。おかげで翌日はマーライオン化したオビくんの気持ちがわかりました。

夜中に前線通過。下界は晴れてるらしいが山はこのとおり。風が強く視界きかず、下山とする。10時発。

先導はゴトさんだ。

車道にそって下る。スキーもたいして脱がずに雪が連続し、藪もなく快適に下れる。

途中でゴトさん管理の山雪荘を通過。

荒木川の橋のたもとに山雪荘はある。11:20車止めに到着。車道の雪が一気になくなっておりビックリ。
 今回も大変に楽しい思い出をありがとうございました。
また来年も行きたいものです。小屋まで秋のうちに荷揚げしておくと楽ですね。
5/3小日向山記録
おまけ5/1神楽ケ峰
GW第1弾火打岳