猿倉〜双子尾根樺平〜長走沢滑降
2008/5/18
今週もどうにもこうにも素晴らしい陽春の休日。仕事どころでなく誰もが山に行かざるをえない(んなわけはないな)。今回は単純明快。ゴールも最初から見えておりそこまで登ってそこから滑るだけ。景色のすばらしさはもちろん、900mの高低差、上部メーンバーンは斜度30度ほどの快適斜面が連続し雪面も比較的きれい。シンプルなだけに成就すれば非常に満足度の高いスキー山行となる。

本日のゴールは杓子岳の双子尾根稜線上、池のある平坦なところが樺平。

猿倉着8:30。駐車場は空きが目立つ。今日も春らしい気持ち良い天気。

猿倉も雪がどんどん消えてきている。9時出発。

長走沢の林道への出合の状況が不明なため、登りには鑓温泉への夏道どおりすすむことにする。

樹林帯の登りのあと平坦な猿倉台地に。正面に杓子岳とよくみるとその前衛のジャンクションピークから連なる双子尾根。鞍部がゴールの樺平だ。9:50、1500m地点発。

金山沢は相変わらず広大なスロープ。下は沢がでてる。

今日のコースは白馬岳は上にあがるまであまりのぞめない。ここからが一番。

樺平は標高2100mすこし。登りはけっこう急に見える。

登っている人があまりにも小さくあんな遠くまでと絶望感すら感じる。樺平から上へはアルピニストの世界。

長走沢に入るとジャンクションピークしか見えなくなる。このように登るのだ。やっぱ急だど。

オビくん山。相変わらずだ(何が)。

登り700mだ。二時間くらいか。ゆっくりと今回は行こうか。

人が少ない。メジャーとはいえない沢だが実はここを一度滑った人は誰もが絶賛する。白馬周辺の有名な雪渓の多くは落石だらけなのにここにはほとんどなく、雪崩の危険も少ないし斜度もちょうどよいオープンな沢だからだ。

さしつさされつ一緒に登る人がいた。アイゼン登高だ。沢の直登ゆえ、登るほどに斜度が増す。

ゴールはいつも見えてるのだが・・・

きつい登り。

そして一貫して急登。

ときにデブリもみられる斜面は、どこにも休む場所がない。

樺平もだいぶ近づいた。まだシールで頑張るが、雪が腐っていて効きが悪い。そろそろ限界。

最後はツボ足で急斜面をステップアップ、11:30ついに樺平よりやや上部で稜線に飛び出る。見上げると2284mピークとジャンクションピーク。数パーティが張り付いている。

今日はワシらはここでおしまい。結局台地から休むことなくワンピッチできてしまった。

白馬稜線はガスってきた。

マリリンもほどなく。

ピッケルアイゼンなくよくここまで来たものだ。すっごい急なんだよ。風があったら絶対無理だったな。

ハッシーも。

二人は途中までさっきの同行イエローパンツの踏み跡を利用してきたのだ。腐れ雪なので止まってるとステップが崩壊してくる。どんどん登る以外ないのだった。

イエパンはまだ上に登る気だ。

できればピークから滑りたいもの。

ジャンクションピークから滑りおりんとするパーティ。

すごいなあ、あんなとこまで、と感心。白馬から縦走して上から降りてきた人たちもいるのだろう。

杓子沢方面。今日も滑っている人たちがいる。そのうちここに登り返してくる。

異様な音がすると思ったらジャンクションピークからだらだらと雪崩発生。幅は小さいがいつまでもおさまらず、次々とシュプールをかき消していく。おかげで上から滑ろうという人たちは足止めをくらってる。登らなくてよかった。

1時間ほど休んでから下山。まずは樺平まで稜線を一段滑りおりる。その木の左からドロップ。

杓子沢のシュプールがはっきり見える。左奥は八方尾根と唐松岳。

ドロップ地点から長走沢。

樺平を出発。

気持ちよい滑り出し。

斜面は凸凹あるがこの時期にしては全然コンディションよい。石もほとんどない。

雪崩は上部の急斜面で止まってデブリとなってるようだ。ここまで降りればもう安心。

まだまだ好斜度のスロープがつづく。純粋に登った分だけではあるが、ずいぶんと滑り甲斐がある。

古いデブリのため一カ所やや荒れてるがコブ好きなら普通に滑り降りられる。

いつも思うがあっという間だ。

猿倉への夏道へは滑らず、シュプールがついているのでそのまま長走沢へいく。

コースを振り返る。

林道までスノーブリッジあり。

林道視線の金山沢。

長走沢出合。樺平から滑走30分。来週には沢は完全に出てるだろう。

春の紅葉と白馬の連山。

最後の猿倉への林道も鑓温泉分岐間近まで雪が付いていた。夏道を苦労して上らなくても最初からシール登高可能であったか。13:50駐車場着、おびなたの湯へ直行。
またしても最高の山スキー。景色なら小日向山だが滑走は断然こちら。ただ登りはそれなりにきついです。