祝、大日方医院開院!GW第3弾、猿倉〜おびなた山(小日向山)滑降
2008/05/03
超手軽で展望抜群のハーフデイマウンテンスキー。文句なしの晴天に大日方医院の展望も明るいとみた。

GW後半の初日。猿倉駐車場に8時ならギリギリOK。ちょっと下に増設された駐車場スペースはわずかしか停められない。8時前が厳守だ。見よ、この5月の山ならではの空の紺碧。

猿倉から鑓温泉方面へ樹林帯の登り。はじめはきつい。

ものの30分ほどで台地に出てくると、徐々に展望がひらけてくる。

これがオビナタ山。周囲にひろがる秀峰に比べるともっさりしてさえないが、別にオビ君が悪いわけではない。

金山沢の全景。今ならバッチグ〜に滑れそうだ。4月20日に行ったときには雪崩がひどくワシは断念、新井先生はやっとのことで降りてきた。

杓子岳方面の長走沢。これをちょっとつめて右側の尾根を乗り越して白馬尻に滑り込む斜面もけっこう良いらしい。

こちらがこれから行く先。カールを横断しもっとも左側の稜線の低いところ、オビナタのコルをめざす。

コルへの登りがこのコース最大のあえぎどころ。でも急登部分の標高差は200mでしかない。

きついがシール登高可能。

白馬がすばらしい。この天気で最高のシチュエーション。登りで一汗かくのも楽しい限り。

10時、急登をすぎコルに到着。

杓子岳方面から、ものすごいブロックの崩壊音が。

鑓温泉方面の大斜面。登高パーティもいくつかみうけられる。

これからオビナタ山の頂上へはわずか70mの登り。

頂上へわずか。

鑓ヶ岳頂上がなかなか晴れない。

八方尾根と唐松岳。

小日向山1907.6m。実働2時間ちょい。オビ医院の成功を祈らずにいられない。いざとなったらワシらが代わる代わる保険証持って行くからね。プロペシアとか出してね。

しばし憩う。

白馬の町方面。雪があるのは頂上付近のみだ。

滑降開始。真っ昼間だが、ザラメ雪はあまり引っかかることなく走る。

ついに鑓ヶ岳もその全貌をあらわす。

コルからの急下降。ここが本日一番の食いどころ。

自在にターンを操る。

こういうオープンバーンの山はもう言うことがない。

滑りはあっという間だがこの広大な台地の中に今いられること、そのことが最高にすばらしい。

至福の時を振り返る。猿倉まで滑降は30分。

最後はおびなたの湯でくつろぐ。
以前から山スキーコースとして名前は知っていたこの山。オビナタくんが開業する今こそ行く意味があるのでは?と仲間を集め急遽行ってきました。新潟から手軽に日帰りで展望だけはたっぷり楽しめる山。本来なら定着登山で半日をあてるくらいがいいのかも。さていよいよ大日方医院も開業。連休明けには内覧会です。ガンバレ、オビ君。