栂池〜白馬乗鞍岳、金山沢
2008年4月19日〜20日
金山沢が当初の目標。しかし前々日には新雪がつもり表層雪崩の危険性がきわめて高くなってしまった。予報に反して初日の土曜に晴れ間がのぞき足慣らしにハクノリへ。栂池ヒュッテでの抜群のホスピタリティも楽しみのひとつ。

11:30ロープウエイ終点

本日の宿、栂池ヒュッテは数分だが登り。

12:00ヒュッテに荷物をおきとりあえず天狗原まで行ってみよう

最初はやや急な尾根。

12:13ほどなく平坦な台地へ。

再び天狗原への急登。

12:42けっこう登ってきた

12:45雲がきれ大雪渓が現れた

素晴らしい!

すごいなあ、やはり。迫力満点。デブリもひどいが。

シール登高にまだまだ慣れてないか

急登を登り切ると天狗原までだらだら登り。

13:10そして天狗原到着。ロープウエイがあるとここまで来るのに実に楽なものだ。

13:23天気の崩れも心配なし、余裕があるので乗鞍岳をめざすことに。

天気も大丈夫だし余力もあるので、乗鞍岳をめざす。最初はとりあえず途中まで登ろうと。

天狗原の大雪原。ガスったら迷うこと必至。

13:55登り途中の木立でスキーを担ぐことにする

14:24あっという間に頂上に着いてしまった

しかもどんどんと晴れてくる

14:32続々登頂

14:35

白馬大池方面

15:40ヒュッテのバルコニーにて。この日の泊まり客は我らともう1パーティで計6名のみ。

翌20日、日曜日5:55快晴の朝

昨日滑った斜面。けっこう重い雪で滑りづらかったが。

8:00栂池自然園を行く

9:40自然園からの登りをおえ金山沢に滑り込める台地に出る。いつのまにか稜線はすっかりガス。天気予報はずれ。

10:05皆がそろう

船越ノ頭を仰ぎ見る。稜線からの急斜面からはデブリ。危ないのでここで引き返す。

10:26新雪の緩斜面。滑りやすい。

雷鳥が木にとまっている

10:30ここより先は金山沢にはいるかどうかだが・・

金山沢は表層雪崩だらけ。

白馬大雪渓

10:35金山沢はあきらめ栂池に下ろう

10:40けっこうよさそうな斜面だが徐々に雪が重くなってくる

10:47この辺はもう力ずくでやっとターンを切ってる

10:53自然園に戻ってきた

12:24ヒュッテの客はどうやら山田さんショートスキーチームだ

ヒュッテで昼飯をくい、帰りはちょうど時間が間に合ってロープウエイで降りる。そこからゴンドラは使わずリフトのとまったスキー場をくだる。最初のロープウエイも乗らないで滑れば良かったと後悔。

一番下は林道とゲレンデ歩き。

13:30まあまあ満足できた山スキーであった。